株式会社みると リフォームのことなら弊社にお任せください!

株式会社みるとは、首都圏・京阪エリアとその近郊の住宅・店舗向けのリフォーム工事をしています。
インテリアコーディネート、設計、マンションのリノベーションなど、ご要望に柔軟にお応えします。
お客様としっかりと打ち合わせし、親切・丁寧・スピーディーに対応します。

20161003213655

ホームブログ記事 ≫ トイレリノベーションについて 費用や安くするポイントは? ≫

トイレリノベーションについて 費用や安くするポイントは?

5c9ae86780ab6972ee76e29a1a00d7ac_t_コピー

トイレをリノベーションする上で気になる費用や安く抑えるためのポイントなどを紹介していきます。比較的想定外の費用がかからない箇所にはなりますが、注意点もまとめていますので、是非参考にしてください。

 

目次

  1. トイレリノベーション費用
  2. トイレリノベーション費用の内訳
  3. トイレの選び方によって費用が異なる
  4. トイレリノベーションで費用が高くなるのは?
  5. トイレリノベーション費用を安く抑えるには?

 

トイレリノベーション費用

178b76a700fc6d3b39af785ac1eeeadd_t_コピー
トイレリノベーションにかかる費用は、おおよそ20〜50万円くらいです。
もちろんトイレのグレードや床材などによって費用は変わってきます。

 

トイレリノベーション費用の内訳

トイレリノベーションの費用の内訳は3つあります。
①トイレ本体の価格
②設置工事費
③材料費

トイレ本体の価格

トイレ本体にかかる費用としては、便座の交換で済む場合と、便座と便器を両方交換する場合で異なります。トイレのタイプとしては、タンク付きのものよりもタンクレスの方が価格は高くなります。また、オプションとしてさまざまな機能を追加すればするほど価格も上がります。

設置工事費

設置にかかる工事費は、便器の交換のみなのか、床や壁紙の張り替えも伴うのかによって大きく異なります。
便器の交換のみの場合は一般的に25,000円ほどですが、床の張り替えを一緒に行う場合はさらに25,000円ほど追加されます。壁や天井の張り替えも行うのであれば、さらに20,000~30,000円程度かかるでしょう。また、電気工事を行う場合は10,000~30,000円ほど追加されます。
収納を追加したり、手洗いカウンターを設置する場合は、さらにプラスになります。トイレ全体を大きく変更する工事になれば、設置費用だけで数十万円かかることも珍しくありません。

材料費

トイレの床や壁、天井も一緒にリノベーションする場合は、材料費も必要です。床材や壁紙は種類によってかかる費用も異なります。また、トイレのドアや紙巻器などのアクセサリー類の交換なども一緒に行う場合も、追加で費用が必要となります。

 

トイレの選び方によって費用が異なる

2179d709078f068ac17e775919d2cbff_t_コピー
トイレリノベーションは、トイレの選び方で金額に大きな差が出ます。リノベーションのタイプ別に4パターンあります。

便座交換

便座の交換のみの場合は、作業の難易度も低いため費用を抑えやすく、工事費込みで3~10万円以内で済むのが一般的です。作業時間も1時間もかからない程度です。DIYすることも可能なので、工事を業者に依頼せずに自分で交換すればさらに費用を節約できます。
ただし、温水洗浄が付いている便座に変更する際にトイレにコンセントがトイレに無いなら、新しく設置する必要があります。その場合電気工事や配線に関する工事も必要になるため、総費用も上がります。

最新式トイレへ(便座・便器交換)

便器と便座を交換する場合、リノベーション前のトイレが温水洗浄便座付きトイレであればおおよそ20万円以内が目安になるでしょう。
ただし、便器ごと交換する場合は床に従来の便器を設置していた跡が残ることがあり、見栄えが良くありません。便器交換とともに床も一新する場合は、プラスして張り替え費用が必要です。
トイレのグレードや床材の種類によって価格は異なりますが、トイレリノベーションの中心価格帯が20~50万円ですので、この辺りを目安にしておくと良いかもしれません。
50万円にも及ぶのは、余程ハイグレードな製品を選んだ場合です。

タンク付きトイレからタンクレストイレへ

タンクレストイレは一般的にタンク付きトイレよりも本体価格が高くなります。グレードによって異なりますが、本体価格だけで20~40万円ほどかかると考えておくと良いでしょう。
タンク付きから変更する場合はアラタに手洗い器を設置する必要があるので、その分工事費もかかります。本体価格と工事費を含めたトータルでは、30~50万円ほどを目安にしましょう。

和式から洋式へ

和式トイレと洋式トイレでは床の形状が異なるため、床を壊してから作り直す必要があります。解体処分費が増え、給排水管や電源の設置などの費用が必要になります。リノベーション自体にも3~4日かかりますから、その分の人件費も加わる計算です。
費用の相場は50万円ほどですが、トイレ本体のグレードや、既存トイレの状態などによって価格も上下します。

 

トイレリノベーションで費用が高くなるのは?

07886735bf90264976834dbfbf205ef2_t
ここまで紹介してきた通り、トイレリノベーションは選ぶトイレや工事内容によって金額に差が出ます。また、下記のような場合は一般的な価格よりも高くなることがありますので、注意が必要です。
①トイレ内の段差を無くす工事が必要
②給排水管の位置を大きく変える工事が必要
③トイレ全面にタイルが貼られている
④男性用小便器が別にあり、撤去が必要
⑤トイレスペースが狭く、ハイグレードなトイレしか設置できない
⑥工期が長くなり、工事費がかさむ

トイレリノベーションは、中には100万円以上かかることもあります。
まずは自分の家のトイレの状態と、どこまでこだわってリノベーションしたいのかおおよその見当をつけおいて、費用目安を考えてみてください。

 

トイレリノベーション費用を安く抑えるには?

PAK23_notedentaku20140312_TP_V_コピー_コピー
トイレは単に安い商品を選んだ方が良いとは言えません。住まいの状況に合わせて適切なタイプのトイレを選んだ方が、後々のことを考えると、費用対効果が高まります。

おすすめは、依頼する業者に予算内で仕入れることができる各メーカーの商品をリストアップしてもらうこと。その中で、異なる機能や特徴を把握し、優先順位をつけてみます。そうすると結果的に費用対効果の良いものを選ぶことができ、全体的に費用を安く抑えることに繋がります。

トイレのリノベーションは家の他の部分に比べて比較的想定外の費用は発生しにくい場所ですが、築年数が長い戸建てなどは床下の状態次第で追加費用が必要になってくることもあります。まずは、リフォーム会社としっかり打ち合わせをして、理想のリノベーションを実現しましょう。

 

この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら♪

リフォームで失敗しないための計画づくり
マンションリノベーション/間取り変更の費用・注意点
築20年の戸建て・マンションのリフォーム費用はいくら?

2021年11月10日 13:14

コメント一覧

  • 投稿されたコメントはありません

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文