株式会社みると リフォームのことなら弊社にお任せください!

株式会社みるとは、首都圏・京阪エリアとその近郊の住宅・店舗向けのリフォーム工事をしています。
インテリアコーディネート、設計、マンションのリノベーションなど、ご要望に柔軟にお応えします。
お客様としっかりと打ち合わせし、親切・丁寧・スピーディーに対応します。

20161003213655

ホームブログ記事 ≫ リノベーションにはどんな種類がある? - 株式会社みると ≫

リノベーションにはどんな種類がある? - 株式会社みると

ae4f194c8761d160b0baad244cd91ac6_t

中古のおうちを現在のライフスタイルに合わせて蘇らせる「リノベーション」には様々な種類があります。具体的はどういった種類のリノベーションがあるのか、押さえておきたいポイントなど、この記事でまとめていきます。中古住宅を購入検討されている方や、すでに中古住宅に住んでいる方は、リノベーションという選択肢をこの記事を読んで考えてみてください!

目次

  1. リノベーションの種類
  2. 間取り変更リノベーション
  3. キッチンリノベーション
  4. トイレリノベーション
  5. 洗面所リノベーション
  6. 浴室リノベーション

 

リノベーションの種類

fd8c82fd1ffde6e612a3e1e34ed58fae_t_コピー
「フルリノベーション」とは、その区画を一旦解体してスケルトン状態にして、大幅に間取りの変更や改修を行うことです。
フルリノベーションの場合は大規模工事になりますが、間取りや内装デザインが一新されるため、より自分の理想に近づけることができます。

全面改修はせず、気になる箇所だけをリノベーションするのが「部分リノベーション」です。これは、元の構造などを生かしているため、費用はフルリノベーションよりも安く抑えられます。物件の状態や予算などを考慮して、どちらを選ぶか決めましょう。

間取り変更

中古マンションのリノベーションでは、マンションの骨格構造に関わらない範囲で大幅に間取りを変更することが可能です。
具体的には、1DKをワンルームにする、ウォークインクローゼットを新しく設置する、などはよく行われます。間取りは住まいのデザインや暮らしやすさにも大きく関わってきます。
そのため、他人任せにせず、自分や家族の希望とアイデアを時間をかけて検討し、集約していく事が大事です。

参考記事:マンションリノベーション/間取り変更の費用・注意点

 

キッチン

キッチンのリノベーションでは、古いキッチンを新しくする、アイランドキッチンにするなどのケースがよく見られます。
キッチンには他にもI型やL型などのタイプがあります。
そのため、どのタイプを選ぶかによって、価格や工事の内容などが大きく変わってきます。
キッチンについても、家族のいる人は家族の意見を集約することが大事です。
加えて、キッチンの場所を移動させると水道やガスの配管工事も必要になるため、大幅に費用もアップする

参考記事:キッチンリノベーションについて 費用や安くするポイントは?

 

トイレ

トイレの交換、ウォシュレットの取り付け、手洗いカウンターの新設などは、トイレのリノベーションでよく見られる事例です。
トイレのリノベーションにかかる費用は、便器の本体価格によって大きく変動します。
ただ、機能性を兼ね備えた商品は水道代の節約にもなるため、設備を選ぶときには将来的なことも考慮しましょう。

参考記事:トイレリノベーションについて 費用や安くするポイントは?

 

洗面所

洗面所のリノベーションとしては、洗面台の交換や移動などが行われるケースがあります。
同じ水まわりといっても、洗面所のリノベーションは、キッチンや風呂場などと比べると費用をかけずに工事を行うことができます。
ただ、洗面台のボウル素材を変更したり、オプション機能をつけたりした場合には、それなりに費用もアップします。
費用を抑えたいなら、洗面台のグレードを考慮することがポイントです。

参考記事:洗面所リノベーションについて 費用や安くするポイントは?

 

浴室

中古マンションを購入した場合、風呂場のリノベーションは行われることが多いです。
例えば、ユニットバスの導入、タイルの張り替えなどはよく行われるリノベーションです。
特に、水まわりは傷みも早く、老朽化が進んでいる場合には、設備の修繕などを行わなければならないケースも多く見られます。

参考記事:浴室リノベーションについて 費用や注意点は?

 

 

間取り変更リノベーション

S__26091537_コピー
老朽化や、家族形態の変化によって不都合が生じ始めた住宅は、間取り変更リノベーションによって使い勝手がよみがえります。また、リノベーション時に最新の設備を取り入れることで、機能性や快適さが大きく向上するでしょう。

間取り変更リノベーションは、間仕切りの設置や取り外しといった簡単なものだけでなく、骨組みだけを残して内装を全面的に改修するスケルトンリノベーションも人気です。

スケルトンリノベーションは戸建住宅だけでなく、マンションでも行うことができます。ライフスタイルの変化に合わせて検討してみましょう。

 

 

キッチンリノベーション

ce698d0f116700598e112e2280cc16d7_t_コピー
キッチンをリノベーションする際は、収納スペースを作り忘れると、使い勝手の悪いキッチンになってしまいます。収納スペースの確保を考慮しながらリノベーションプランを立てるのがポイントです。

例えば、キッチンを新しくするとともに、食品や調理道具などを収納できるパントリーを設置してみたり、対面キッチンを採用する場合は、背面収納を取り入れると良いでしょう。ハンドルがないデザインのキャビネットを設置すると、スタイリッシュな空間に仕上がります。キッチンに開放感が欲しい場合は、ミラー付き収納棚がおすすめです。

 

 

トイレリノベーション

178b76a700fc6d3b39af785ac1eeeadd_t_コピー
トイレは1日に何度も使う場所なので、こだわりを持つことをおすすめします。より快適なトイレにリノベーションすれば、今よりも生活が楽しくなるかもしれません。

トイレは水回りで汚れやすい場所です。そのため、清潔な状態をいかに長く続けられるかが重要になります。最近は機能性に優れた防汚性の高い床材、壁材、便器などもありますので、機能性を重視することも必要といえるでしょう。また、トイレは湿気がこもりやすいため、換気扇や調質性の高い素材を使うこともおすすめです。
さらに家族構成によっては、手すりを付けてバリアフリー化をするなども考えておくと良いでしょう。

快適なトイレにするには掃除のしやすさも重要です。汚れが付きにくいコーティングがされている便器を選ぶ方法や、スッキリとしたタンクレストイレを選ぶ方法があります。トイレの空間に対して便器が大きいと掃除がしにくくなるため、トイレの広さに合わせて便器の大きさを考えるようにすると掃除がしやすくなります。

 

 

洗面所リノベーション

669c29c923913ad5b80a4694cb57cedc_t_コピー
洗面所や洗面台のリノベーションは、世界観をどのように演出するかがポイントです。
ただ、洗面所は使用頻度が高い場所であるため、求められる役割をしっかり果たせるかということも考慮しなければなりません。
洗面所リノベーションにおいては、役割と世界観の両立が何より重要なのです。

洗面所の役割

洗面所には、次に挙げるような役割があります。
・手洗い場
・歯磨き
・化粧台、身だしなみを整える場
・脱衣所
・水回りの収納スペース
・洗濯機、ランドリーボックス
このように洗面所には多くの役割がありますが、人によって役割ごとの優先度が違うはずです。自らのライフスタイルを振り返り役割に優先順位をつけることによって、スペースの使い方がハッキリするため、使いやすさもアップすることができます。

例えば、化粧を洗面所で行うのかどうかによって必要な鏡や照明のスペックが変わってくる、といった具合です。
普段のライフスタイルの中で洗面所をどのように利用しているのか、役割ごとに照らし合わせて整理しておくといいでしょう。

 

 

浴室リノベーション

31d3461c5b572727c54b8b54ce45008b_t_コピー
浴室は寛げる雰囲気であるのかどうかで家族の満足度が大きく変わります。リノベーションならば、全体のデザインを考慮したモダンな空間に仕上げられます。

リラックスするためにはストレスがないことが大事で、移動せずに用事を済ませられる人間工学を利用したユニットバスが便利です。限られた空間を最大限に活用できるように設計されているため、浴槽のサイズが一回り大きくなった事例もあります。浴槽にお湯を張るための蛇口がなくなり、石鹸などを置くための棚がちょうど良い高さにあるのでストレスなくお風呂を楽しめます。

リフォームよりも資産価値を高めることから時間とお金がかかるリノベーションですが、浴室については完成した事例によるサンプルが多いので初めての方でも迷わずに実施できます。旧式の施工ではタイルの下に浸水しやすい等の問題点があるので、築年数が古い住宅に住んでいる方は安全性と清潔さを向上させてリラックスするためにリフォーム業者に相談してみるのがおすすめです。

 

 

 

この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら♪

リフォームで失敗しないための計画づくり
マンションリノベーション/間取り変更の費用・注意点
築20年の戸建て・マンションのリフォーム費用はいくら?

2021年11月04日 09:30

コメント一覧

  • 投稿されたコメントはありません

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文