株式会社みると リフォームのことなら弊社にお任せください!

株式会社みるとは、首都圏・京阪エリアとその近郊の住宅・店舗向けのリフォーム工事をしています。
インテリアコーディネート、設計、マンションのリノベーションなど、ご要望に柔軟にお応えします。
お客様としっかりと打ち合わせし、親切・丁寧・スピーディーに対応します。

20161003213655

ホームブログ記事 ≫ リノベーションのメリット 注目を浴びている理由とは? ≫

リノベーションのメリット 注目を浴びている理由とは?

0984fe7dc86b3e0d1db76597d758aad1_t_コピー

新築時より物件の性能を高めて、付加価値をつける「リノベーション」ですが、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか。この記事ではリノベーションをするメリットについてまとめていきます。

 

目次

  1. リノベーションの種類
  2. リノベーションをするメリット
  3. リノベーションが注目を浴びている理由

 

リノベーションの種類

フルリノベーション

col01-002_コピー
住まい全体をリノベーションすることを指します。例えば、建物の骨組み状態をスケルトンと呼び、そこから間取りを変えるなど大規模な改修作業はスケルトンリノベーションといわれ、これはフルリノベーションのひとつです。自由度がかなり高く、間取りなどを気にする必要が無いため、住まいを探す条件が広がり、好みの立地に理想の住まいを築くことができるでしょう。

部分リノベーション

S__26091537_コピー
フルリノベーションまでの規模が無く、リビング拡張などの間取り変更やキッチンを壁付けタイプからアイランド型に変更する場合など、住まいの一部分の性能を高めて付加価値をつける場合を部分リノベーションと言います。フルリフォームより安価にできる他、物件ごとにある制約にもひっかかりにくため、お手軽にできるリノベーションでおすすめです。

デザインリノベーション

be8c53b71524165b88699c1b964fc569_t_コピー
リノベーションの中でも、デザイン面にこだわることをデザインリノベーションといいます。機能性や使い勝手はもちろん、内装を考える際にインテリアとのバランスを考えながら空間づくりをしていきます。間取りなどの自由度に加え、デザイン面でも好みを具現化することができるため、インテリア好きな方にとっては魅力的ですよね!

 

 

リノベーションをするメリット

中古物件を購入してリノベーションする魅力はどのようなものがあるのでしょうか。
近年注目を集めているリノベーションのメリットは大きく以下の3つになります。

生活スタイルに合わせた自由な間取り

リノベーションは、間取り変更を含む大規模な改修が可能なので、3LDKから大きなワンルームへの変更でも、壁付けキッチンからアイランドキッチンへの変更でも、ライフスタイルに合わせた間取り設計が可能です。

好みに合わせたデザインに

間取りを取り払ったスケルトン状態から自分で設計することができるので、フローリングの素材、壁紙のデザインから設備、ドアノブひとつまでデザインにこだわることができます。
また、オリジナルデザインの内装にすることも可能で、インテリアにこだわりのある方にはとても魅力的です。

低コストで好立地に住める

これが最大のメリットといってもよいかもしれません。
新築では駅近や住みたい街に家を持つことは難しい場合でも、中古物件なら新築よりも費用相場が安いので、立地を重視して物件を選ぶことができます。
また、すでに開発されている駅の周りでは、駅近に新築物件が建てられる可能性はかなり低いですが、中古物件なら物件数も多いので、どうしても住むエリアを譲れない方には、嬉しい情報ですよね!

 

 

リノベーションが注目を浴びている理由

新築以外の選択肢として

ae4f194c8761d160b0baad244cd91ac6_t
元々は日本では、新築の家が最もステータスが高いとされる「新築至上主義」という価値観が重要視され、およそ30年の周期でスクラップ&ビルド、つまり建物を壊して建設し直すという行為が繰り返されてきました。
ところが現在では、土地・新築物件・建築資材の価格高騰があったり、新築でも構造計算書偽造問題の事件があったりということから、安全な住まいや物件購入費が、消費者の理想とかけ離れていくようになりました。
そのため、希望のエリアに立地するリーズナブルな中古物件を購入し、耐震性も考慮したリノベーション工事を行うという選択肢が、国内の消費者の間に広がりつつあるのです。

環境保護

9347c1ccfb33c071ca967cb6ad0319dc_t_コピー
また、上記の通りスクラップ&ビルドが繰り返されたことにより、大量の廃材が出て、さらに新しい材料を調達し続け、環境破壊が進んでしまったことも、リノベーションが注目されてきている背景の一つです。
新築ではなく、今ある住宅の使える部分は残し、改修してよみがえらせるリノベーションは、環境保護に大きく貢献しています。
合わせて読みたい記事:リノベーションとは?環境に優しい?

ライフスタイルの変化

7a5fcd07df9d6b52c6cb301d4f5c5781_t_コピー
マイホームを取得してからは、家族で何十年と住み続けていくものです。
月日が流れていく間に、それぞれのライフスタイルも変わっていき、住宅や設備は劣化していくため、メンテナンス対応もしなくてはいけません。
水回り設備をまとめて交換したいときや、お子さんの成長に合わせて子供部屋を増設あるいは撤去したいとき、高齢になった家族のために段差を減らすバリアフリー工事をする際にも、リノベーションを行うご家庭が増えています。


この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら♪

リフォームで失敗しないための計画づくり
マンションリノベーション/間取り変更の費用・注意点
築20年の戸建て・マンションのリフォーム費用はいくら?

2021年11月03日 09:45

コメント一覧

  • 投稿されたコメントはありません

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文