株式会社みると リフォームのことなら弊社にお任せください!

株式会社みるとは、首都圏・京阪エリアとその近郊の住宅・店舗向けのリフォーム工事をしています。
インテリアコーディネート、設計、マンションのリノベーションなど、ご要望に柔軟にお応えします。
お客様としっかりと打ち合わせし、親切・丁寧・スピーディーに対応します。

20161003213655

ホームブログ記事 ≫ クッションフロアのメリット・デメリット - 株式会社みると ≫

クッションフロアのメリット・デメリット - 株式会社みると

6800c623c802c82d3190255958def254_t

手軽さやデザインの多さから最近採用する方が増えているのが、クッションフロアです。価格もフローリングに比べて安価なのでリフォームに最適な床材です。今回は、クッションフロアのメリット・デメリット、費用相場について説明していきます。

 

目次

  1. クッションフロアの張り替え費用
  2. クッションフロアとは?
  3. クッションフロアのメリット
  4. クッションフロアのデメリット
  5. クッションフロアが向いている部屋

 

クッションフロアの張り替え費用

c669b6accd88a4e05ac65561afea0695_t_コピー
クッションフロアの張り替えにかかる費用は、1㎡あたり材料費+施工費で、2,500~5,000円位です。
また、壁と床の接合部にある、剥がれ防止用の「ソフト巾木」も取り替えることが多く、この場合は+5,000~20,000円必要になります。
クッションフロアの本体価格によっても金額に差が出ますが、最終的には、10㎡(6畳位の部屋)程度の面積のクッションフロアを交換すると、総額で4~7万円前後になるのが一般的です。

ちなみに、クッションフロアの床に新しいクッションフロアを張り替える場合、基本的には既存のクッションフロアをヘラやカッターを使って剥がす作業が入るため、施工時間が多少かかります。
元々あるクッションフロアの上に重ね張りをする方法なら早くて工事費も安くなりますが、床の厚さが変わるため、ドアの開閉がしにくくなったり、二重になって床が柔らかくなることが気になったりするかもしれません。
新規でクッションフロアを導入する場合も、フローリングやタイルの上に置き敷きをするより、床材自体を張り替えるときの方が、同じ面積でも10,000円位は高くなります。
床・下地の状態によってはさらに補修作業も必要になってしまうため、トータル費用が高額になる場合もあります。

施工箇所ごとの費用相場

居室(リビング・ダイニング・洋室)6畳 30,000〜60,000円
トイレ1畳 20,000〜55,000円
床がタイルの場合は便器を外す必要があるので費用がかかります。
洗面所3畳 40,000〜80,000円
洗濯機の移動が発生する場合は高額になる場合があります。
キッチン4畳 50,000〜100,000円
和室6畳 80,000〜120,000円
畳の部屋をクッションフロアに変える場合は、畳だけでなく下地の処理も必要になるため10万円前後は見ておいた方が無難です。


 

クッションフロアとは?

0048A418-EE9D-451E-BBE4-D48A59CAB24A_コピー
クッションフロアは、主に塩化ビニール樹脂を原料とする柔らかい床材です。
ビニールの裏側にクッションが貼付されており、標準的なものは2mm程度、厚さがあるものなら4mm程度です。
ほとんどのメーカーが、施工性を良くするために、表面に人体に影響のないガラス材を施しています。
表面にプリントされているものが多く、木目調やレンガ風などデザインのバリエーションも豊富です。
手入れのしやすさや張り替え時の手軽さで、飲食店を始めとした店舗や病院などの他、一般住宅にも人気の床材です。

 

クッションフロアのメリット

他の床材より安価

フローリングなどの他の床材に比べてローコストで施工することが可能です。
加工もしやすいため、面積の狭いトイレや洗面所などで使用されることが多いです。

耐水性に優れている

表面がビニールなので、水を弾き汚れも落としやすいという特徴があります。
アンモニアにも強いため、トイレやペットのいるお部屋にもおすすめです。

カラーバリエーションとデザインが豊富

タイル調・木目調・チェック柄・地柄など、デザインが豊富なところも魅力のひとつです。
部屋や家具のイメージに合わせて張り替えが可能なので、デザイン性にこだわる方にはおすすめです。

 

クッションフロアのデメリット

重たい家具などを置くと凹みや傷がつきやすい

ビニール製でクッション性があることで、家具や重い物を長く置いた場合、痕が残りやすいというデメリットがあります。
気になる方は、家具との間に布を敷くなどの対策が必要です。

熱に弱い

熱に弱く、変色・変形しやすいという特徴もあります。
紫外線により、剥がれや劣化してしまう場合もあります。
また、タバコや熱湯をこぼしてしまうと溶けてしまう場合もありますので、注意してください。

通気性が悪い

表面がビニール素材なので、通気性がよくありません。
定期的な手入れをしないと、劣化や剥がれ、カビの原因となります。

ちなみに、下地に防カビ剤を塗ることでカビの繁殖はある程度抑えることができます。

 

 

クッションフロアがおすすめの部屋

クッションフロアの特徴から、おすすめの部屋を紹介します。

洗面所、トイレなどの水回り

eeaf91d5aec63d829be24084ce14e0e0_t_コピー
耐水性があり、汚れが落ちやすい点から、水回りに最適です。

トイレリフォームの費用相場をご紹介!
キッチン(台所)リフォームの費用相場はどのくらい?
 

ペットのいるお部屋

c1566bbb78a7eaf0a3727602fedccbd6_t_コピー
柔らかい素材なので、ペットの足腰に負担をかけないため、ペットを飼われている方にはおすすめの床材です。
消臭機能があるクッションフロアもあるため、ペットと相性の良い床材です。

ペットのためのリフォームを目的別に解説!
 

子供部屋

e21fc2ae2977bc7ce322b75b8564c37f_t_コピー
耐水性があり、汚れを落としやすい点では、小さな子供がいる方にもおすすめです。
傷に強いタイプや遮音性に優れたクッションフロアを選べば、動き回ることの好きなお子さまもストレスなく過ごせるでしょう。
飲みこぼしやお漏らしをしてしまっても、お掃除が簡単なのはありがたいポイントですよね。

洋室リフォーム(書斎・寝室・子供部屋)の費用相場は?

 

 

この記事のまとめ

①クッションフロアとは?
塩化ビニール樹脂を使用した柔らかい床材です。クッションフロアについてはこちらをチェック!
②クッションフロアのメリット・デメリット
メリットは耐水性、汚れが落ちやすいというところ、デメリットは傷や湿気に弱いことなどです。クッションフロアの特徴についてはこちらをチェック!
③おすすめの部屋は?
水回りやペットのいる部屋などにおすすめです。クッションフロアと相性の良いお部屋についてはこちらをチェック!

 

この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら♪

ペットのためのリフォームを目的別に解説!
床の張り替えリフォーム費用相場を床材別に紹介!
洗面台交換・洗面脱衣所リフォームの費用相場
トイレリフォームの費用相場をご紹介!
キッチン(台所)リフォームの費用相場はどのくらい?


2021年10月13日 14:10

コメント一覧

  • 投稿されたコメントはありません

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文