株式会社みると リフォームのことなら弊社にお任せください!

株式会社みるとは、首都圏・京阪エリアとその近郊の住宅・店舗向けのリフォーム工事をしています。
インテリアコーディネート、設計、マンションのリノベーションなど、ご要望に柔軟にお応えします。
お客様としっかりと打ち合わせし、親切・丁寧・スピーディーに対応します。

20161003213655

ホームブログ記事 ≫ 洋室リフォーム(書斎・寝室・子供部屋)の費用相場は? ≫

洋室リフォーム(書斎・寝室・子供部屋)の費用相場は?

e21fc2ae2977bc7ce322b75b8564c37f_t

洋室のリフォームの費用について解説します。洋室は主に書斎や子供部屋、寝室としての利用が多い部屋です。それぞれ用途が全く異なるため、費用相場も変わってきます。快適な空間作りをするため、この記事を参考にしてみてください。

 

目次

  1. 洋室リフォームの価格相場
  2. 20万円未満の施工例
  3. 20〜50万円の施工例
  4. 50〜100万円の施工例
  5. 100万円以上の施工例
  6. 洋室リフォームのポイント

 

 

洋室リフォームの価格相場

洋室のリフォームで最も多い価格帯は20万円〜50万円です。
クロスや床張り替えは、30万円未満で施工できるケースがほとんどです。断熱効果を高める二重サッシへの交換は15万円程度、和室から洋室へ変えるリフォームなら50万円〜100万円程度見ておくと良いです。
和室から洋室へリフォーム

 

 

20万円未満の施工例

窓を二重構造にして断熱効果を高めたり、フローリングの張り替えなどをする場合の価格帯になります。
9f35db2c5261a8d39578b0c233b28689_t_コピー
【事例】
内窓 40,000円
取付費用 40,000円
合計 80,000円

内窓をつける際には、内側につけるガラスの種類を「単板ガラス」「複層ガラス」から選ぶことができます。
「単板ガラス」は通常の1枚のガラスです。「複層ガラス」は複数枚の板ガラスを重ねて、その間に空気やガスなどを封入したものです。
単板ガラスより複層ガラスのほうが値段は高く、3割ほど割高と考えておくと良いでしょう。

床の張り替えリフォーム費用相場を床材別に紹介!

 

 

20〜50万円の施工例

クロス(壁紙)と床の張り替えや間仕切り設置の価格帯になります。
0048A418-EE9D-451E-BBE4-D48A59CAB24A_コピー
【事例】
クロス張り替え・床張り替え 300,000円

天井と壁のクロス、フローリングの張り替えをした場合の一例です。選ぶ素材によって金額は変わってきます。

クロスリフォームの費用相場 壁紙張り替えの失敗例と対策8選!
床の張り替えリフォーム費用相場を床材別に紹介!

 

 

50〜100万円の施工例

和室を洋室に変える場合や、1部屋を2部屋に分ける間仕切りリフォームなどの価格帯です。
面積によっては100万円以上になる場合もあります。
S__26828808_コピー
【事例】
間仕切り設置 500,000円
間取り変更リフォーム(リビング、書斎を1部屋に) 1,000,000円

子供の成長に合わせて部屋を分割したり、使わなくなった部屋とリビングを合わせるリフォームの一例です。
完全に1つの部屋のスペースとして工事するため、枠や石膏ボードの設置、解体工事、電気工事などが必要になってきます。

下記リンクより施工事例で写真を見ることができます。
施工事例

 

 

100万円以上の施工例

和室から洋室へリフォームする場合の価格帯です。
24a3dd5dd0bc2a983a8abf8ec813d0c3_tのコピー_コピー
【事例】
クロス・フローリング張り替え 500,000円
下地処理 100,000円
建具交換工事 400,000円
合計1,000,000円

 

 

洋室リフォームのポイント

e21fc2ae2977bc7ce322b75b8564c37f_t_コピー
洋室リフォームで多い「子供部屋」「寝室」についてのポイントを紹介します。

子供部屋リフォーム

子供部屋リフォームのポイントは、部屋や家具に可変性を持たせることです。
子供部屋は長く使っても小学生から高校生の12年間程度です。
その間、子供は成長しライフスタイルはどんどん変化していきます。
そのため、個室を子供の人数分用意したり、造り付けの家具を置いたりすることはおすすめしません。
例えば、子供が2人の場合は、10~12畳ほどの広い洋室をつくり、小さいうちは1部屋として使用し、自分だけの部屋が欲しい年頃になったら間に簡易的な間仕切りを設けるという方法もあります。子供が独立して家を出た後は、間仕切りをとって1部屋として使うこともできるようにしておくと良いでしょう。

寝室(ベッドルーム)リフォーム

寝室リフォームのポイントは、快適に睡眠ができる空間を作ることです。
音が気になる方は「窓を二重にする」「防音ガラスに交換する」などで防音対策をするのがおすすめです。
また、床はフローリングという方が多いかもしれませんが、静かな部屋を作るなら、音を吸収するカーペットやコルクのほうが向いています。
壁紙は消臭・耐湿効果のあるタイプを選べば、より快適な空間作りができます。
他にも、クローゼットや収納用建具を造作するリフォームも多いです。

 

 

 

この記事のまとめ

①洋室リフォームの価格帯は?
20万円〜50万円の価格帯が最も多いです。リフォーム内容によって変わりますので、洋室リフォームの価格帯についてはこちらをチェック!
②リフォームする際のポイントは?
子供部屋は生活スタイルの変化を考慮すること、寝室は快適な空間作りをすることがポイントです。

 

 

この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら♪

クロスリフォームの費用相場 壁紙張り替えの失敗例と対策8選!
ペットのためのリフォームを目的別に解説!
床の張り替えリフォーム費用相場を床材別に紹介!
エコクロスのメリット・デメリット
和室から洋室へリフォーム


2021年10月13日 10:27

コメント一覧

  • 投稿されたコメントはありません

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文