株式会社みると リフォームのことなら弊社にお任せください!

株式会社みるとは、首都圏・京阪エリアとその近郊の住宅・店舗向けのリフォーム工事をしています。
インテリアコーディネート、設計、マンションのリノベーションなど、ご要望に柔軟にお応えします。
お客様としっかりと打ち合わせし、親切・丁寧・スピーディーに対応します。

20161003213655

ホームブログ記事 ≫ 洗面所 ≫

ブログ記事

新しい動画を公開しました!

みるとのお仕事
クロス・クッションフロアの張り替えの様子を動画で紹介しました。

弊社の強みは、
「スピーディー施工」
「綺麗な仕上がり」
「完全自社施工」
です。

おうちのリフォーム・リノベーションのことなら幅広く対応しています。
おうち以外でも、商業施設や病院などの施工実績もありますので、是非ご相談ください!

【みるとのお仕事】クロス・CF張り替え【洗面所】


★チャンネル登録宜しくお願いします
みるとチャンネル


この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら♪

クロスリフォームの費用相場 壁紙張り替えの失敗例と対策8選!
クッションフロアのメリット・デメリット
床の張り替えリフォーム費用相場を紹介!
中古マンションのリノベーションについて
2022年01月27日 16:40

洗面所リノベーションについて 費用や安くするポイントは?

normal_洗面化粧台-LIXIL-ルミシス_コピー

洗面台は毎日使うところですので、不具合が起きたまま使い続けるのはストレスになりますよね。この記事では洗面所のリノベーションをする場合の費用や交換時期、洗面台の種類、工事期間、安く抑えるポイントなど、様々な角度から紹介していきます。

 

目次

  1. 洗面所リノベーション費用
  2. 洗面所リノベーション費用の内訳
  3. 洗面台の交換時期は?
  4. 洗面台の種類
  5. 洗面所リノベーションの工事日数は?
  6. 洗面所リノベーションの注意点
  7. 洗面所リノベーション費用を安く抑えるには?

 

 

洗面所リノベーション費用

洗面台のリノベーション費用は約10~25万円が相場です。平均は20万円前後。最小サイズ、最小構成にすれば10万円以下で収めることも可能です。

 

洗面所リノベーション費用の内訳

洗面台本体価格

最小限のユニット洗面台は、上部は1面鏡+両サイド露出収納棚、下部は2バルブ混合水栓(お湯と水の蛇口が各1個)+両開き収納キャビネットといった構成になります。価格はW600サイズで3~3.5万円、W750サイズで4~4.5万円程度です。
ここに機能を追加するごとに費用はプラスされ、大体13~16万円が上限になるでしょう。

取り付け工事費用

既存の洗面台取り外し処分費と新しい洗面台の取り付け費の合計で3~3.5万円程度です。W600とW750なら、サイズが違っても工事費用はほぼ変わりません。

オプション費用

壁紙、床張り替えは4~5万円、トールキャビネットは6.4~7.7万円、ウォールキャビネットは2.3~2.7万円程度です。

 

洗面台の交換時期は?

ae54563e14d0aedfe7324eca303cbf14_t_コピー

洗面台の寿命

一般的に洗面台の寿命は長くて20年と言われています。家族の人数や使い方にもよりますが、毎日水やお湯を使う場所なのでダメージが蓄積されていき、徐々に劣化が進んでいきます。

リノベーションを考える事象

陶器の洗面ボウルはかなり頑丈にできています。
しかし、ドライヤーなど重くて固い物をうっかり落としてしまって傷がつくと、そこからヒビが入ることがあります。このヒビ割れは時間が経つにつれてどんどん広がっていき、やがて水漏れが起きるようになります。水漏れは洗面ボウルの下の配管のサビを呼び、腐食へと至るおそれがあります。

洗面ボウルのヒビ割れがやっかいなのは、部分的な修繕が難しく、交換するにしても古い製品は廃盤になっている可能性が高い点にあります。洗面ボウルだけを取り替えるより、洗面台一式の交換を勧められることが多いでしょう。

洗面ボウルにヒビがある、栓をしても水が抜ける、水漏れが起きている、洗面ボウルの下がカビ臭い、汚れがひどい…といったときは、洗面台の交換を検討してください。

 

洗面台の種類

ユニット洗面台

69f8518b604288e939a0d8214d747c65_t
洗面ボウルと水栓金具、鏡(ミラーキャビネット)、収納キャビネット、照明などが一式になった洗面台です。賃貸マンションなどによく設置されているポピュラーなタイプで、数種類の規格サイズが用意されています。

システム洗面台

348a47bba9376b14954c3aac092e79e8_t
ユニットタイプよりもカスタマイズ性が高い洗面台です。通常の基本セットに加えて、大型の収納キャビネット、メイクやスキンケア用ドレッサーなどを自在に組み合わせられる製品が主流。システムキッチンのように、空間に合わせて使いやすい形を選べます。

カウンター洗面台

S1041_lp_tokuchou_コピー
壁に取り付けたカウンター、洗面ボウル、鏡などでシンプルに構成する洗面台です。キャビネットをあえて省き、洗面台の下も空間として利用できるようなオープンタイプが人気。カウンターはタイル張りや人工大理石、木材、洗面ボウルとの一体型などいろいろです。

造作の洗面台

38b794ea9ba60e267735ae1b3374d8eb_t_コピー
リノベーション業者に依頼するなどして、オリジナルで作る洗面台です。洗面ボウルとカウンターと鏡を選んで組み合わせれば、自分好みのおしゃれで使いやすいカウンター洗面台に。メーカーの洗面台に好きな鏡や照明、収納棚などを組み合わせる方法もあります。

 

洗面所リノベーションの工事日数は?

工事の流れ

一般的な工事は、床や壁の保護→既存の洗面台を取り外して搬出→(壁紙、床張り替え)→新しい洗面台の搬入と設置→鏡やキャビネットの搬入と設置といった流れで行われます。

工事期間

洗面台の交換のみなら半日~1日、壁紙と床の張り替えが加わると2~3日程度かかります。

 

洗面所リノベーションの注意点

まずサイズをしっかり確認すること。隣に置く洗濯機もあわせて新調したらサイズが合わなかったといったことのないようにしましょう。
収納を欲張りすぎて天井ギリギリまでのキャビネットを選んだら手が届かない高さになってしまい使いづらかったり、天井との間にわずかな隙間ができてホコリが溜まる上に掃除しにくくなったり、という問題も起こりがちです。

また、洗面ボウルまでの高さは身長を2で割った数字を目安に選ぶのが基本です。洗面ボウル自体は小さすぎると水跳ねしやすく、周囲が汚れがちになります。十分な大きさと深さを確保することをおすすめします。

 

洗面所リノベーション費用を安く抑えるには?

ffe6a5778480837ff113737422ea5351_t
洗面所の壁紙や床の張り替えをしなければ、その分費用は安くなります。
ただし、洗面台交換時に一緒にこの工事を行えば4~5万円で済みますが、単独で工事すると7~8万円かかるので、合わせて行うのも一手です。
他に、安く抑えるなら洗面台メーカーにこだわらない、アウトレット品などを探す、地元の優良リノベーション業者に工事を依頼するなどの方法も有効です。

 

この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら♪

リフォームで失敗しないための計画づくり
浴室リノベーションについて 費用や注意点は?
築20年の戸建て・マンションのリフォーム費用はいくら?

2021年11月12日 08:53

洗面台交換・脱衣所リフォームの費用相場 - 株式会社みると

hikkosi413103

洗面台(洗面化粧台)の交換や、洗面脱衣所のリフォームの際、最も気になることは「値段」かと思います。

今回は洗面台・洗面所リフォームの料金相場を紹介します。LIXILやパナソニックなどのおしゃれな商品を設置する場合や、リフォーム前に確認しておきたい洗面台の選び方など、是非参考にしてください♪

 

目次

  1. 洗面所リフォームの平均費用・価格相場
  2. 洗面所・洗面台リフォーム費用の内訳
  3. 洗面台のサイズ・収納・ボウルの選び方
  4. まとめ


洗面所リフォームの平均費用・価格相場

洗面所リフォームで最も多い価格帯は、20万円・20~50万円・50万円以上です。
 

20万円未満でできる洗面所リフォーム

adpDSC_2840-_コピー

 

最低限の機能のユニット洗面台交換や、壁紙クロス・床材など内装のみのリフォームなどであれば、20万円未満で工事可能です。

洗面台の交換は数時間~1日程度で完了するので、コストも時間もあまりかからないという良さがあります。

20~50万円でできる洗面所リフォーム

7b2b4d645cca6652b64c8db4e2b4a9c4_t_コピー

洗面所リフォームの中心となる価格帯は、20~50万円です。

スタンダードタイプの洗面台の交換とあわせて、壁紙や床などの内装も一新する場合は、20万円以上かかることが多いです。

ちなみに施工にかかる日数は、1~3日程度です。

また洗面台交換のみの工事であっても、多機能のハイグレードモデルを選択した場合などには、20~50万円ほどの費用がかかることもあります。

なお、湿気で床の下地が傷んでいる場合などは別途工事費用がかかるので、念のためリフォーム会社に追加工事が発生した際の目安金額も聞いておくと安心でしょう。

50万円以上の洗面所リフォーム

348a47bba9376b14954c3aac092e79e8_t_コピー

グレードの高い洗面台や内装材でリフォームする際や、洗面台脇に大きな収納棚なども設置する場合、洗面所をバリアフリー仕様にする場合などは、50万円以上かかることがあります。

また洗面台を移動するリフォーム、2箇所目の洗面台の新設といったリフォームでは、給排水の工事なども伴うため、設置場所や工事規模によっては50万円を超える可能性があります。

 

洗面所・洗面台リフォーム費用の内訳

洗面所全体のリフォームにおける料金は、工事にかかる費用、および洗面台本体にかかる価格の2通りに分けられます。

工事にかかる費用

工事内容 施工費用
①洗面台交換 30,000〜70,000円
②内装工事 35,000〜80,000円
③洗濯機パン設置 5,000〜35,000円

洗面台交換と一緒に、壁・天井のクロスや床材の張り替えも行う場合、洗濯機パン(洗濯機本体を置く受け皿)を一度取り外す必要があるため、③の費用がかかります。


a3ffcbca05ea24b640d10f5dc315566a_t_コピー

取り外した洗濯機パンをそのまま再利用する場合には約5,000円、洗濯機パンも新しく取り替える場合には15,000~35,000円前後の費用がかかります。

 

洗面台のグレードの違いとは?割引率はどのくらい?

洗面所・洗面台リフォームは複雑な工事になることが少ないため、ほとんどの場合は洗面台のグレードによってリフォーム費用が上下します。

ここで、洗面台のグレードの違いや、各タイプの代表的なメーカー品について、チェックしておきましょう。

【シンプルタイプ】
本体価格:40,000〜60,000円
☑︎主な対応間口:60cm・75cm・90cm
☑︎上部分の収納:1面鏡やサイドが露出している収納棚タイプが多い(※3面鏡を選べる場合もあり)
☑︎下部分の収納:シンプルな両開き扉収納
主な商品:LIXIL『ピアラ』『オフト』、ノーリツ『シャンピーヌ』、クリナップ『BTSシリーズ』『BGAシリーズ』など

【スタンダードタイプ】
本体価格:70,000〜150,000円
☑︎主な対応間口:75cm・90cm・100cm・120cm
☑︎上部分の収納:3面鏡が一般的
☑︎下部分の収納:開き扉と引き出しの組み合わせが多い
主な商品:LIXIL『エルシィ』、パナソニック『シーライン』『ウツクシーズ』、ノーリツ『ソフィニア』など

【ハイグレードタイプ】
本体価格:100,000〜300,000円以上
☑︎主な対応間口:75cm・90cm・100cm・120cmの他、オーダー可能な場合もあり
☑︎上部分の収納:3面鏡が主流、4・5面鏡のバリエーションもあり
☑︎下部分の収納:引き出しタイプ、サイド備え付け収納棚など選択肢が豊富
主な商品:LIXIL『ルミシスシリーズ』、TOTO『オクターブ』、パナソニック『ラシス』、クリナップ『ティアリス』など

 

洗面台のサイズ・収納・ボウルの選び方

洗面台の幅・洗面カウンターの高さ

00003513_コピー

新しい洗面台を選ぶ際には、既存の洗面台の間口(洗面台の横幅サイズ)を測った上で、サイズが合う商品を選択する方法が一般的です。

ただ、広くしたい場合などには、洗面台の位置変更や脱衣所の拡張も可能なので、リフォーム業者に相談してみましょう。

 

また、床から洗面台カウンターまでの高さは、腰への負担など使い勝手に大きく影響するため、しっかり考えて選びましょう。

目安となる高さは「身長÷2」と言われています。

洗面カウンターの高さは「75cm」か「80cm」を選べる製品が多いですが、メーカー品によっては「85cm」も選択できます。

ご家族の身長に合わせて、適したサイズを選択してくださいね。

 

収納キャビネット

洗面ボウル下の「ベースキャビネット」と「ミラーキャビネット」部分の収納タイプについても考えましょう。

「ベースキャビネット」はたいていの場合、以下の4種類から選べます。

①大きな引き出しが2つある「スライドタイプ」
②細かく区切られた引き出しが多いタイプ
③背の高い物の出し入れがしやすい、「開戸タイプ」
④引き出しと開戸、どちらもあるタイプ

収納する予定の物を考えて、最適なタイプを選びましょう。

例えば、タオルなどを整理しながら収納したい場合は②を、大きなバケツなどを収容したい場合は③や④を選ぶと便利です。

 

「ミラーキャビネット」については、1面鏡か3面鏡かを選べる商品が多く見られます。

先ほど解説した通り、1面鏡のほうがグレードが低く値段が安いですが、鏡の裏側を収納として使える3面鏡のほうが、見た目がスッキリするので人気があります。

 

洗面ボウル

hikkosi413103_コピー

洗面ボウルの大きさについては、洗面台で普段行う作業を基準に考えましょう。

もし洗濯の予洗いなどをするなら、なるべく深さがあって大きい洗面ボウルにしておくと便利です。

バケツなども使用する場合は、洗面ボウルの底と蛇口の間がなるべく遠くなるよう調整しておくと使い勝手が向上します。

 

オーダーしたい場合は、システムタイプや造作もOK

なお、洗面台には「システムタイプ」と「ユニットタイプ」の2パターンがあります。

「ユニットタイプ」は、ボウル・水栓金具・鏡・照明・収納などがセットになった一般的な据え置きの洗面台のことです。

一方、「システムタイプ」はそれぞれの部品をひとつずつ、いわばオーダー・セミオーダー可能な洗面台です。

選ぶ素材によって費用が変動しますが、一般的には「ユニットタイプ」よりも料金が高くなることが多いですが、使い勝手や見た目を重視したい場合には、検討してみるとよいですね。

 

また、業者によって対応可否は異なりますが、既製品の高さが身長と合わない場合などには、オリジナルの洗面台を造作することも可能です。

どのような場合であっても、予算に合わせて希望のサイズやデザインにできるかどうか、リフォーム業者に一度確認してみるとよいでしょう。

関連記事:洗面所リノベーションについて 費用や安くするポイントは?

 

【この記事のまとめ】

①洗面台の交換や、洗面所のリフォームの費用相場は?

・最低限の機能のユニット洗面台交換や、壁紙クロス・床材など内装のみのリフォームなどは、20万円未満で実施可能です。

・スタンダードタイプの洗面台の交換とあわせて、壁紙や床などの内装も一新する場合は、20万円以上かかることが多いです。

・グレードの高い洗面台を採用する際や、洗面所をバリアフリー仕様にする場合などには、50万円以上かかることがあります。
②洗面所全体のリフォームの費用相場は?

洗面所全体のリフォームにおける料金は、工事にかかる費用、および洗面台本体にかかる価格の2通りに分けられます。洗面所リフォームの費用についてはこちらをチェック!
③洗面台のグレードについて

シンプルタイプの主な商品:LIXIL『ピアラ』『オフト』、ノーリツ『シャンピーヌ』、クリナップ『BTSシリーズ』『BGAシリーズ』など
スタンダードタイプの主な商品:LIXIL『エルシィ』、パナソニック『シーライン』『ウツクシーズ』、ノーリツ『ソフィニア』など
ハイグレードタイプの主な商品:LIXIL『ルミシスシリーズ』、TOTO『オクターブ』、パナソニック『ラシス』、クリナップ『ティアリス』など
グレード毎の特徴はこちらをチェック!

 

この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら♪

クロスリフォームの費用相場 壁紙張り替えの失敗例と対策8選!
ペットのためのリフォームを目的別に解説!
床の張り替えリフォーム費用相場を床材別に紹介!

2021年10月05日 11:10