株式会社みると リフォームのことなら弊社にお任せください!

株式会社みるとは、首都圏・京阪エリアとその近郊の住宅・店舗向けのリフォーム工事をしています。
インテリアコーディネート、設計、マンションのリノベーションなど、ご要望に柔軟にお応えします。
お客様としっかりと打ち合わせし、親切・丁寧・スピーディーに対応します。

20161003213655

ホームブログ記事 ≫ 和室 ≫

ブログ記事

和室の砂壁リフォームの工法や料金について - 株式会社みると

S__36929543_コピー

和室の内壁でよく見られる砂壁は、その独特な風合いが特長的ですが、壁紙や漆喰・ペンキなど、違ったタイプの素材でリフォームする方が増えています。砂壁ならではのメリット・デメリットを理解し、ご自身のお部屋に合ったリフォームを検討してみてください。
 

目次

  1. 砂壁や土壁とは
  2. 砂壁のメリット
  3. 砂壁のデメリット
  4. 砂壁のリフォーム・補修のタイミング
  5. 砂壁をリフォーム・メンテナンスする方法・工期・費用

 

 

砂壁や土壁とは?

57d9dddeb9c4507774563d868cdad0a1_t_コピー
砂壁は、糊液で色砂を練って上塗りして仕上げた壁のことで、和室・床の間の内壁に取り入られていることがほとんどです。
色砂には、天然砂や砕石、また、これらを着色あるいは焼成したものを用いることが多く、ほかにも貝殻粉や金属粉、色ガラス粉などが使用されることもあります。
糊材には、フノリなどの海藻の煮沸液や、デンプン糊が伝統的に採用されてきましたが、最近では合成樹脂を代用することも多いです。
一方で土壁とは、土で仕上げられた壁のことです。仕上げだけではなく壁自体が土で作られている場合もあります。
砂壁の場合はモルタルや石膏ボード、土で作った壁などの表面に仕上げるだけのため、壁自体を砂で作ることはありません。

 

 

砂壁のメリット

調湿効果に優れている

06009203a9feb4bc0e9ccb1aaa9e5c12_t_コピー
和風建築で長年愛用されてきた砂壁は、高温多湿な日本の気候に合った調湿性の高さが魅力です。
湿度が高いときには吸湿を、湿度が低いときは放湿をするため、部屋の中の湿度が一定に保たれます。
夏や冬も過ごしやすい上に、カビ・ダニの発生を抑えることができます。

シックハウス対策

近年、化学物質の多用化や、住宅の高断熱化・高気密化により、シックハウス症候群という病気の問題が増えています。
砂壁は、このシックハウスの原因となる有害物質(アンモニア、ホルムアルデヒドなど)を吸収するため、アレルギー対策としての効力があります。

防火性の高さ

砂壁の主原料は、土・砂といった無機質の不燃性物質です。
燃えにくい素材の塗り壁である砂壁は、防火性・耐火性に優れています。

 

 

砂壁のデメリット

砂が落ちるため掃除が手間

硬いものをぶつけてしまったときや、劣化してきたときには、壁面が削れることにより、砂が落ちます。
また、カーテンも砂が付着して汚れやすいので、掃除や洗濯の手間がかかります。
一度砂がはがれてしまうと、見た目も悪くなってしまいます。

工期が長い

砂壁を塗るときや解体する際には、それなりの技術と手間を要します。
最近の住宅で一般的な、壁紙から壁紙へ貼り替えるリフォームのときには基本的に1日で施工できるのに対し、砂壁をリフォームする場合は、2~4日程度の工事期間が発生します。

リフォーム費用が高額

砂壁の工事には高度な技術が求められ、工期・手間がかかるため、砂壁補修に慣れた左官屋に施工を依頼することになります。
元が壁紙クロスの家のリフォームに比べると、人件費や手間賃などが必要になるため、施工費用が高額になるケースが多いです。

adpDSC_6095-760x507-1_コピー


 

砂壁のリフォーム・補修のタイミング

砂壁にカビがついている場合や、壁に触れてもいないのに表面の砂や粉が落ちるようになったら、補修をしなくてはいけない時期と判断しましょう。
砂・粉は、口の中に万一入ってしまっても有害ではありませんが、砂壁の調湿性が低下しているため、カビが増殖したりダニの住みかになってしまったりする可能性があります。

 

 

砂壁をリフォーム・メンテナンスする方法・工期・費用

砂壁を塗り直す場合

futta1212m_コピー
砂壁を維持したい場合には、似た材料で塗り直すのが一番です。
6畳の和室をリフォームする場合の費用は、床の間がある部屋なら6万5千~10万円以下、床の間がない和室であれば5万5千~7万5千円位です。
工事期間は、壁の劣化状態にもよりますが、2~4日程度と考えておくと良いでしょう。

漆喰・珪藻土に塗り替える場合

DSC04872_2_コピー
調湿性をより向上させたいときや、コストをかけてでもイメージチェンジしたいときには、漆喰・珪藻土の壁に塗り替える方法がおすすめです。
漆喰や珪藻土は、塗り方によって模様を付けられるというメリットもあります。
床の間がある和室6畳に施工する場合の費用は約7~13万円です。
床の間のない和室をリフォームするときは数千~数万円安く済むでしょう。
漆喰・珪藻土に塗り替える場合も、工期は2~4日位とみておきましょう。

砂壁の一部に腰壁を設置する場合

IMG_2452_コピー
砂が落ちてくるため掃除が面倒というときは、腰壁を設置するのもおすすめです。
6畳の和室で腰壁リフォームを行う場合の費用は、約15~18万円です。
使用する羽目板の素材によって、費用が変動します。
工期は、下地や腰壁周辺の補修がどの程度必要になるかで異なりますが、1~4日位です。

砂壁の上からクロスを張る場合

S__36929544_コピー
和室自体を洋室にリフォームしたいときや、内装の雰囲気を大きく変化させたいときには、砂壁の上から壁紙クロスを貼るのが最適です。
デザインのバリエーションが豊富で、防汚性や防音性がある高機能な壁紙もたくさんあります。
自分で壁紙を貼ろうとする方も多いようですが、下地処理が大変で、決して簡単な作業ではありません。
ベニヤ板や水性シーラーなどで固めてから、パテ処理やサンドペーパーなどで表面を平らにし、初めて壁紙クロスを貼れる状態になります。

ペンキで塗装する場合

w-shita-suna_コピー
砂が落ちるのが好きではないという方には、ペンキで塗装してしまう方法も人気があります。
ジョリパットや砂壁専用塗料を使うのが主流で、6畳の和室をリフォームする際、費用は10万円以下で済むこともあります。
コストは安いですが、調湿性や和風建築の風合いなどといった砂壁のメリットが失われてしまいます。
リフォームにかかる期間は、2~4日程度です。

 

 

 

いかがだったでしょうか?
弊社では、いくつかある方法の中で、クロスを張る施工を推進しています。
工期も短く価格も抑えられ、見た目も綺麗になるためおすすめです。
当日中、もしくは2日間あれば全て完了します。
最近ですと、DIYでご自身で作業される方もいますが、プロの業者にお願いした方が仕上がりはキレイで、施工後の保証などもあるので安心です。

見積もりは無料で対応していますので、和室のリフォームを検討されている方はお問い合わせください♪
 

この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら♪

クロスリフォームの費用相場 壁紙張り替えの失敗例と対策8選!
エコクロスのメリット・デメリット
ペットのためのリフォームを目的別に解説!
築20年の戸建て・マンションのリフォーム費用はいくら?
和室の壁紙リフォーム/おすすめの施工例
畳の張替えの費用・時期は?新調・表替え・裏返しとは


2021年10月22日 15:08

和室の壁紙リフォーム/おすすめの施工例 - 株式会社みると

0cf07b04fe6570e0bce0b3d3f94a7ab2_t_コピー

和室の壁をリフォームする場合、用途別にコーディネートすれば素敵な空間に生まれ変わります。今回は、和室の壁紙について詳しく掘り下げてみましょう。

 

目次

  1. 和室の壁紙クロスの選び方
  2. 和室の壁紙クロス張り替えの費用相場
  3. おしゃれな和室の実例


和室の壁紙クロスの選び方

06009203a9feb4bc0e9ccb1aaa9e5c12_t_コピー
和室の壁は、もともと砂壁や土壁などが主流でしたが、最近のリフォームでは施工費が安い壁紙クロスを使うことが一般的になってきました。
和室のリフォームはアレンジがしやすく、純和風・和モダンなど、和洋どちらの空間にもできて遊び心を持てるのがメリットです。

和室の壁紙は、用途や理想の雰囲気に沿ったものを選ぶ

和室は、ご家庭によって使い方が異なるため、選択基準が曖昧になりがちです。
例えば寝室、リビング、来客用のスペースなど、使用パターンがいくつもあります。
基本的には、白・ベージュなどの明るい色の壁紙が良いですが、シンプルすぎても無機質になってしまいます。
和のイメージを大切にしたいときは、塗り壁風の壁紙、和紙で作られた壁紙を使うと、上品に仕上げることができます。

逆に、現代風の要素も取り入れたければ、淡い模様や小さな柄入りの壁紙クロスを検討してみるとなじみやすいでしょう。

天井のクロス選びも重要

天井に使うクロス選びも大切です。
壁と同じクロスを使用すると、室内が広く見える効果があるため部屋全体を明るくできます。
寝室の場合は、天井が明るいと寝付けなくなってしまうので、壁よりワントーン暗い壁紙を貼りましょう。

和モダン風にしたい場合は、天井だけダークカラーを採用しても良いですね。
暗くなりすぎないようにしたければ、落ち着いた色のピンクなどの暖色を使いましょう。

 

和室の壁紙クロス張り替えの費用相場

普及品のクロスを使って壁紙を張り替える場合の費用は、6畳の和室なら合計で約4~6万円です。
施工する壁の面積1㎡につき、1,000~1,500円位の予算を考えておきましょう。
だたし、昔ながらの砂壁・土壁の上からクロスを張る場合には、10~15万円位のコストがかかります。
またいずれの工法の場合も、グレードが高い壁紙を採用すると、より高額になります。

 

おしゃれな和室の実例

寝室として使う場合

寝室として使う和室だと、湿気が多いと寝苦しくなってしまいますよね。
寝室の壁には、湿気や臭いの対策ができる製品を選びましょう。

珪藻土の塗り壁は、調湿・消臭効果があり、独特の風合いが魅力的なことから人気がありますが、リフォーム費用が高額で敬遠されがち。
しかし「珪藻土壁紙クロス」なら、珪藻土ならではの機能をそれなりに備えつつ、塗り壁よりもリーズナブルに施工できます。
臭いや湿気がこもりやすい和室に最適です。

「調湿和紙壁紙」もおすすめです。
和紙にしかない落ち着きのあるデザインも楽しめます。
尚、和紙は汚れが付着したとき、きれいに落とすことが難しいのでご注意を。

調湿機能のある壁にしたい場合は、一部分にLIXIL(リクシル)社の「エコカラット」を採用するのも良いでしょう。
同製品のシリーズには、土壁や砂壁のような質感の「ニュージュラク」というデザインもあるため、素朴な雰囲気の和室にも合わせやすいです。

客間として使う場合

客間として利用する和室であれば、見た目の高級感も重要です。
また居心地の良さにも考慮して、なるべく調湿性のある壁紙を採用しましょう。

来客の方をお通しする機会が多い和室なら、高級感のあるハイグレードクロスを使いましょう。
リフォーム費用は高額になってしまいますが、耐久性があり、汚れや湿気にも強い製品が多いので、美しさが長持ちします。
縦ラインの模様があると、スタイリッシュな印象になります。

珪藻土壁紙と似たタイプで、漆喰を刷毛引き(はけびき)で仕上げたようなデザインの壁紙クロスもあります。
刷毛の使い方によって模様を出す塗り壁を真似たパターンの壁紙なら、伝統的で上質な和室を演出できるでしょう。

間接照明との組み合わせで、優しい光と影とのコラボレーションを堪能するのも粋です。
淡く明るいカラーの壁紙を使って、穏やかで大人な空間を作ってみてはいかがでしょうか。

リビングとして使う場合

家族が集まる居間(リビング)には、リラックスできるよう、主張しないデザインのものを選びましょう。

昔ながらの純和風な和室にしたいなら、砂壁調の壁紙を使うのも良いでしょう。
床の間がある和室には、古風な雰囲気の壁紙がよく似合います。
天井に板目のデザインのものを使うと、より素朴な印象になります。

温かい雰囲気の居室にしたい方に人気があるのが、落ち着いたトーンの暖色の壁紙クロスです。
旅館のようにくつろげる色合いなら、居室としても客間としても使えます。

美術品を飾る場合

16bf7032c7c55b84028d00a977c0f1a0_t_コピー
コレクションを飾る部屋には、淡いカラーでマイルドな質感の壁紙を合わせましょう。

アートギャラリーのような部屋にしたいときは、織物調のクロスで柔らかさを出すと良いですよ。
できれば照明もスポットライトや床置きのものにすると効果的です。

リビングと繋がりのある場合

be8c53b71524165b88699c1b964fc569_t_コピー
リビング横にある和室の場合は、リビングと同じ色・質感の壁紙でまとめましょう。
特に、ふすまやドアがないオープンタイプの和室であれば、なるべくリビングと同じ壁紙を使うと家の中が広く見えます。

濃い色のアクセントクロスは、狭い和室に貼ってしまうと圧迫感が出てしまいますが、広々とした和室に用いる場合はおしゃれに決まります。
「ご自宅の和室が広すぎて味気ない」と感じる方は、一面だけ壁紙の色を変えてみましょう。

「広い和室ではないけど、暗めの色のアクセントクロスを使ってみたい」という方は、間仕切り部分に黒い格子状のスタイリッシュな建具も施工すると、全体が引き締まります。
和洋折衷のデザインの建具を取り込めることも、和室ならではの楽しみ方の一つです

和モダンにしたい場合

個性的なアクセントクロスの活用方法がおすすめです。

和モダンを意識するなら、格子柄の壁紙も良いです。
市松模様なども、和モダン風コーディネートの定番です。

デザイン性の高さが人気の琉球畳の和室で、グレーや黒のアクセントクロスを施工すると和モダン空間に早変わりです!
暗くならないように天井のクロスは白を採用し、さらに照明もスポットライトにするとより開放的な空間にできます。

 

【この記事のまとめ】

①和室の壁紙クロスの選び方は?
使用する用途に合わせて壁紙の種類や色合いを選ぶようにしましょう。和室の壁紙クロスの選び方はこちらをチェック!
②和室の壁紙クロスを張り替える費用相場は?
6畳の和室であればおおよそ4〜6万円です。選ぶ壁紙の種類やもともとの壁の種類によって金額は高くなる場合もあります。和室の壁紙クロスの張替え費用はこちらをチェック!
③用途別の実例を知りたい
「寝室」「客間」「リビング」など、用途別におすすめの施工例を紹介しています。用途別実例紹介はこちらをチェック!

 

この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら♪

築20年の戸建て・マンションのリフォーム費用はいくら?
洋室リフォーム(書斎・寝室・子供部屋)の費用相場は?
ペットのためのリフォームを目的別に解説!
床の張り替えリフォーム費用相場を紹介!
クロスリフォームの費用相場 壁紙張り替えの失敗例と対策8選!


2021年10月18日 21:13

和室から洋室へリフォーム 費用相場は? - 株式会社みると

24a3dd5dd0bc2a983a8abf8ec813d0c3_tのコピー

和室を洋室にリフォームしたいとう方は年々増えつつあります。最近ではペットを新たに飼われる方が増え、畳よりフローリングが良いと感じる人も少なくなりません。畳はカビやダニが発生しやすく、アレルギー体質の方にとっても悩みのタネになりがちです。また、畳・障子・襖(ふすま)は、表替えや張り替えなどのメンテナンスが大変なことや、車椅子で生活している方にとっては全面フローリングのほうが過ごしやすいといった理由から、和室を洋室へ変更するケースも多く見られます。

 

目次

  1. 和室を洋室にリフォームする際の費用・価格帯
  2. 畳からフローリング/クッションフロアにリフォームする際の費用・注意点
  3. 壁と天井のクロスをリフォームする際の費用・注意点
  4. 押入れをクローゼットにリフォームする際の費用・注意点
  5. 襖(ふすま)を洋風建具・ドア(引き戸/開き戸)に変える際の費用・注意点
  6. 和室全体を洋室にリフォームする際の費用・注意点

 

 

和室を洋室にリフォームする際の費用・価格帯

和室を洋室にリフォームする際には、どこまでの範囲を洋室へ変更するのかをまず検討する必要があります。

内容 費用
畳からフローリングへ(6〜8畳) 90,000〜350,000円
クッションフロアの場合は、60,000〜200,000円
天井・壁のリフォーム(6〜8畳) 100,000〜200,000円
押し入れからクローゼットへ 80,000〜250,000円
ウォークインクローゼットにする場合は、500,000円程度
棚調整50,000円程度
襖を洋風建具へ 30,000〜220,000円
和室全体を洋室へ(6〜8畳) 250,000〜1,000,000円
 

 

畳からフローリング/クッションフロアにリフォームする際の費用・注意点

6~8畳の和室の畳をフローリングに変更する場合の費用は、9~35万円前後が多いです。
「価格を安く抑えたい」「掃除しやすい床材にしたい」という場合は、クッションフロアもおすすめです。
畳からクッションフロアに張り替える際は、費用は6~8畳の和室で8~18万円が目安です。

畳からフローリングにリフォームする工事は、畳を撤去してフローリング材を張るだけではなく、下地材の設置作業も行います。
畳の厚さが約40~50mmであるのに対して、フローリングは12mm程度の厚みしかありません。
そのため、畳をはがした後に下地木工事を行い、隣の部屋との段差を調整します。

また床の下地には、根太(ねだ)という横木がありますが、畳の場合、根太は455mmの間隔で広めに組んであります。
しかし、畳よりも強度が弱いフローリングに張り替える場合、根太の間隔を300mm程度にまで配置し直す工事も発生します。

さらに、築年数が経っている住宅の和室では、畳の下に断熱材が入っていない場合もあります。
畳よりも冷えやすいフローリングへ張り替える場合、根太の施工前に断熱材を追加する工事も行う可能性も考えておきましょう。
5ea68ed615630c877e8d0ce8e001c123_t_コピー

マンションの場合は、防音性に注意

フローリングは、畳よりも防音・遮音性が劣ります。
マンションの和室の床をフローリング材へ変更する際は、防音性を確保するため、必ずマンションの管理規約を確認しましょう。
ほとんどのマンションには「防音規定」やフローリングの「遮音等級」が決められています。
フローリング材には、遮音性を表す「L値(エルチ)」が定められており、数値が小さいほど遮音性が高いフローリング材になります。
ちなみに、マンションではL-45以下のフローリング材が主流です。

24a3dd5dd0bc2a983a8abf8ec813d0c3_t_コピー

 

壁と天井のクロスをリフォームする際の費用・注意点

和室の壁と天井を、洋室仕様の壁紙クロスにリフォームする場合、6~8畳間の和室の費用は10~20万円程度が相場です。
壁や天井クロスのリフォームでは「m(メートル)単位」あるいは「㎡(平方メートル)単位」で料金が変わります。
天井と壁、および壁と床の継ぎ目には、巾木(はばき)や廻り縁(まわりぶち)で仕上げる工事も行われます。
巾木は見た目をよくする以外に、掃除機や家具をぶつけにくくする役割があり、壁紙をキレイに保つことができるものです。

0be0cfcd5c4f2e4c1f60b84a7b24e35f_t_コピー

 

押入れをクローゼットにリフォームする際の費用・注意点

押入れをクローゼットにリフォームする場合の費用は、6~25万円前後です。
工事内容としては、襖(ふすま)を撤去して扉材を取り付け、内側の仕切り材やハンガーパイプなどを設置することになります。
襖(ふすま)を残して、中に棚を追加する程度の簡易なクローゼットであれば、2~10万円ほどで施工可能です。
一方、収納スペースが幅広である場合や、ウォークインクローゼットにする時には、予算は~50万円位を想定しておきましょう。

adpDSC_1414-_コピー

 

襖(ふすま)を洋風建具・ドア(引き戸/開き戸)に変える際の費用・注意点

和室の襖(ふすま)を、リビングなどにあるような洋風のドアに付け替える場合、費用は1ヶ所あたり3~22万円位です。
引き戸への交換であれば、部屋と部屋の段差を埋める工事をするため比較的簡単にリフォームできます。

 

和室全体を洋室にリフォームする際の費用・注意点

6~8畳間の和室を全面的に洋室にリフォームする際の費用は、概算で25~100万円前後です。50万円以上を見込んでおくと安心です。

マンションの和室全体を洋室にリフォームする際には、壁の工事が容易なため、50~60万円程度でリフォームできる場合もあります。

f115459c3371e379e218f28c8a595393_コピー

 

【この記事のまとめ】

①和室を洋室にするリフォームの費用は?
6~8畳の和室の畳をフローリングにする際には、リフォーム費用は9~35万円前後です。和室を洋室にリフォームする費用はこちらで詳しく説明しています。
②和室を洋室にするリフォームの注意点は?
畳からフローリングにリフォームする場合、防音・遮音性が畳よりも劣ってしまうことが多いため、マンションでは特に注意が必要です。和室を洋室にリフォームする際の注意点はこちらをチェック!

 

 

この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら♪

クロスリフォームの費用相場 壁紙張り替えの失敗例と対策8選!
ペットのためのリフォームを目的別に解説!
床の張り替えリフォーム費用相場を床材別に紹介!
洗面台交換・洗面脱衣所リフォームの費用相場
エコクロスのメリット・デメリット


2021年10月12日 13:08