株式会社みると リフォームのことなら弊社にお任せください!

株式会社みるとは、首都圏・京阪エリアとその近郊の住宅・店舗向けのリフォーム工事をしています。
インテリアコーディネート、設計、マンションのリノベーションなど、ご要望に柔軟にお応えします。
お客様としっかりと打ち合わせし、親切・丁寧・スピーディーに対応します。

20161003213655

ホーム ≫ ブログ記事 ≫

ブログ記事

船橋市 クロス貼り替え

リフォーム依頼ありがとうございます2
今回は、船橋市でクロス貼り替えしてきました!

タバコを吸われているということで元々のクロスは茶色く変色していました。
タバコのヤニ汚れは広範囲をお掃除するのは大変です。
アルカリ洗剤で落とすことが可能ですが、機能性壁紙に貼り替えることで気分一新!
豊富なデザインの中から好みの壁紙に貼り替えれば、プチリフォームになります。


 

施工前

クロス貼り替え_施工前①
クロス貼り替え_施工前②
クロス貼り替え_施工前③



今回使用したクロスは【SP2900】です。
幅広く人気のある白レンガ柄の壁紙です。
水回りのアクセントにもおすすめですよ♪

SP2900_柄アップ
サンゲツ|SP2900の詳細はこちらから確認できます。
 

施工後

クロス貼り替え_施工後①
クロス貼り替え_施工後②クロス貼り替え_施工後③


今回施工した部屋は大型家具が多数ありました。
家具移動も施工スタッフが行いますので、お客様は何もせずゆっくりできます。

今回の施工はリビングダイニングとキッチンのクロス貼り替えで、午前中には終わりました!


クロス貼り替えは、豊富な実績とアフターフォローがしっかりしている弊社までご相談ください。

 

この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら♪

クロスリフォームの費用相場 壁紙張り替えの失敗例と対策8選!
リフォームで失敗しないための計画づくり
エコクロスのメリット・デメリット
中古マンションのリノベーションについて
2022年09月07日 15:14

リフォーム依頼ありがとうございます!

LINE_ALBUM_220701_219
今回のリフォーム箇所は「洗面所」です。

施工内容は、
●クロス貼り替え(壁のみ)
●クッションフロア貼り替え
●収納扉のダイノックシート上貼り
です。
 

クロス貼り替え

洗面所クロス_施工前写真1洗面所クロス_施工前写真2
既存のクロスには、剥がれや着色汚れなど目立つ傷や汚れが多くありました。

洗面所クロス_施工後写真1洗面所クロス_施工後写真2洗面所クロス_施工後写真3
今回貼り替えたクロスはサンゲツ|SP2873です。
立体的なブロック柄が特徴的なクロスで、厚みがあるタイプなので様々な箇所で使えるおすすめクロスです。
お部屋の雰囲気をおしゃれにできるのでリビングなど広い部屋にもピッタリです!
 

クッションフロア貼り替え

洗面所CF_施工前写真1洗面所CF_施工前写真2
洗面所では湿気が多いためカビが発生しやすいです。
既存のクッションフロアにはカビなどの汚れが沈着していました。
普段のお掃除では綺麗にできないため貼り替えしたほうが安価に綺麗にできます。

洗面所CF_施工後写真1洗面所CF_施工後写真2
クッションフロアは柔らかく貼り替えしやすいため、汚れやすい洗面所で多く採用されます。
素足で利用する機会も多いため、踏み心地が柔らかいクッションフロアは洗面所にピッタリです。
柄も豊富に用意されているため、イメージをガラリと変えることが可能です。
今回しようしたCFはこちら→サンゲツ|HM10006
 

収納扉のダイノックシート上貼り

洗面台収納扉_施工前写真
普通に使っていても角や表面には傷がついてしまいます。
放置しておくと水分で捲れ上がったり、下地まで水分が染み込み表面がボロボロになる場合もあります。
その場合は下地処理などが必要になりますので、金額が多少高くなります。

洗面台収納扉_施工後写真1洗面台収納扉_施工後写真2
今回は上貼りで綺麗に仕上がりました。



内装の傷や汚れは放置すると範囲が広がったり、症状が進んで補修が大変になるケースがあります。
気がついた時や模様替えするタイミングで貼り替えなどすることで、予算を抑えて綺麗にできます。

お気軽にご相談ください!!
 

この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら♪

クロスリフォームの費用相場 壁紙張り替えの失敗例と対策8選!
クッションフロアのメリット・デメリット
洗面台交換・脱衣所リフォームの費用相場
中古マンションのリノベーションについて
2022年08月19日 11:06

マンションリノベーション施工事例

LINE_ALBUM_220622_30
豊島区のマンションリノベーションの施工事例のご紹介です。
3LDKの中古マンションを生活スタイルに合わせてリノベーションしました。

今回のリノベーションのポイントは、
●在宅ワーク用の書斎づくり
●クローゼットや寝室入口の建具の一新
●床暖房用のフローリング貼り替え
です。

施工箇所ごとに詳しく見ていきましょう!


①書斎づくり
お仕事で使う書斎として洋間を作り替えました。

▼クローゼットが無い洋間だったため新規で設置
▼窓ガラスが磨りガラスだったため、開放感が得られる透明ガラスの内窓を新設
▼デスク用のコンセントの新設

これらが主な工事内容です。

書斎_施工前写真書斎_施工後写真1書斎_施工後写真2
限られたスペースで収納を新たに作るため、クローゼット戸は片引き戸を採用。
衣類などを収納できる最低限のスペースで仕切り壁などを造作工事しました。

枕棚やハンガーパイプもクローゼットに合ったものを採用。

窓_施工前写真窓_施工後写真1窓_施工後写真2
窓ガラスは、断熱と防音に優れたLIXILの「インプラス」を採用。
2ヶ所の窓ガラスが磨りガラスなので視覚的に窮屈な空間でしたが、
透明ガラスの内窓を取り付けることで、外の景色を窓越しに取り入れることができました。

窓を使い分けることで、オンオフを好きなようにつけることができます。
冷暖房効率もあがるため、節電対策にもなります!

書斎_セクセントクロス写真書斎_デスク用コンセント書斎_玄関ホール
もともとのコンセントの位置がデスクを置く場所に無かったため、新規でデスク用コンセントを設置。
リノベーションでは使いやすいように電源の位置なども好きに変えることができます。


他には、クロスを1面だけアクセントクロスにしたり、細かい工事をして仕上げました。


②建具の新調
今回一新した建具は寝室のクローゼットと寝室入口です。

もともとあった寝室の収納は開き戸で収納力があまりありませんでした。
また、入口の扉も開き戸でデッドスペースができるため引き戸に変更することに。

建具_施工前写真1建具_施工前写真2
既存の収納や建具を解体して、クローゼットや建具を設置するために必要な骨組み「軽天」を設置します。
そのあとで石膏ボードで壁を作り、建具を入れ、最後にクロスで表装を仕上げます。

子供部屋_施工中写真子供部屋_施工後写真寝室収納_施工中写真寝室収納_施工後写真寝室建具_施工後写真
寝室の収納を撤去した兼ね合いで隣の洋間の収納は無くして壁になりました。
こちらの収納スペース跡にも軽天を入れ補強しました。

寝室建具_施工中写真建具_施工後写真1寝室建具_施工後写真2
入口の引き戸は枠だけ最初に作ってしまい、床を貼り替えた後に取り付けます。
今回採用したLIXILの「ラシッサ引き違い2枚建」は上吊り方式の建具なので、床面にレールを設置しません。
また、ガラス面になっているため開放的なデザインです。

リビングとの境界をできるだけ無くして、開放的な空間に仕上げました。


③床の貼り替え
もともと床暖房が入っているお部屋のため、専用の床材で仕上げました。
Panasonicの「ウスイータ」という極薄建材で既存の床の上から貼り付ける施工になります。

マンションなどのリノベーションで多い床の貼り替えですが、
既存の床を剥がして貼る方法だと金額が倍以上変わってきます。

ウスイータ_施工後写真1ウスイータ_施工後写真2
今回採用したウスイータは厚みが数ミリしか無いため、ドアに干渉することなく上貼り施工ができる優れものです。
デザインも豊富なので、床を綺麗に変えたい場合おすすめの建材です。


④表装工事
既存の建具に3Mの「ダイノックシート」を貼り付けてイメージを一新しました。

カラーはホワイトアッシュ柄で統一。

建具ダイノック_施工前写真1建具ダイノック_施工後写真1建具ダイノック_施工前写真2建具ダイノック_施工後写真2
ダイノックシートを利用することで、安価で綺麗にリノベーション可能です。
ダイノックシート施工 施工箇所や費用について

ただし、貼り付けしにくい材質や環境などもあるため、現地確認が必須条件となります。



⑤電気工事
コンセントの新設以外にも、ダウンライト新設も行いました。

キッチン照明_施工前写真キッチン照明_施工後写真1キッチン照明_施工後写真2キッチン照明_施工後写真3



廊下_施工後写真子供部屋_施工後写真施工後写真
マンションのリノベーションでは、手を加えることができる範囲で自分の好きなようにデザインすることができます。
今回のお部屋は限られた空間の中で広く見せる工夫や色の統一感など、センスを感じる仕上がりになったと思います!

全体的なリノベーション以外にも、部分的なリフォームでもお気軽にご相談ください!
担当者がお客様の立場にたって丁寧にご提案いたします。


今回の大まかな工事内容と工事金額(税抜)は次のとおりです。
解体工事 ¥170,000
造作工事 ¥510,000
床仕上げ工事 ¥430,000
クロス貼り替え工事 ¥350,000
表装シート工事 ¥360,000
窓装工事 ¥100,000
寝室入口工事 ¥250,000
電気工事 ¥50,000
その他工事 ¥180,000
雑工事 ¥90,000
美装クリーニング工事 ¥80,000
諸経費 ¥300,000
合計 ¥2,870,000
 

この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら♪

リノベーションとは?環境に優しい?
キッチンリノベーションについて 費用や安くするポイントは?
和室から洋室へリフォーム 費用相場は?
中古マンションのリノベーションについて

2022年07月28日 08:43

エコカラット施工事例

26A97F6E-9F58-4466-85CD-BDE3EA5EEED0_コピー
先日施工したエコカラットの事例をご紹介します。
エコカラットとは、LIXILが提供している内装壁機能建材です。
消臭や調湿など暮らしを快適にしてくれる機能が満載の壁建材で、デザイン性も高くおしゃれな空間に仕上がります。

機能性タイル『エコカラット』の魅力をご紹介!

今回は1面のみエコカラットを施工させていただきました。
使用した商品は「エコカラットプラス ファブリコ」です。
 

エコカラットプラス ファブリコ

織物調のデザインで上品な仕上がりになります。
フラットとレリーフから選ぶことができ、今回は幾何学的なレリーフを採用しました。
エコカラットプラス ファブリコ施工例エコカラットプラス ファブリコアップ画像

 

施工前

エコカラット施工前1エコカラット施工前2
エコカラット施工前3

エコカラットの施工には専用の接着剤を使用します。
施工する壁の形状によって加工する必要がありますので、施工はプロに依頼することをおすすめします。


施工後

エコカラット施工後

施工前と比べると、上品な空間に仕上がりました!
幾何学的なレリーフの組み合わせは、照明の当たり具合で立体感を演出します。

もちろん、デザイン性だけではなく機能性も併せ持っていますので、居心地の良い空間になるでしょう♪
機能性についてはこちらの記事で紹介しています。
機能性タイル『エコカラット』の魅力をご紹介!

今回使用した「エコカラットプラス ファブリコ」については、こちらから詳細を確認できます。


いかがだったでしょうか?
人目につきやすい玄関や臭いの気になるトイレなどにもおすすめです。
機能性とデザイン性を併せ持つエコカラットに興味がある方はお気軽にお問い合わせください!
現地調査から丁寧にご案内致します。
 

この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら♪

床の張り替えリフォーム費用相場を紹介!
機能性タイル『エコカラット』の魅力をご紹介!
ペットのためのリフォームを目的別に解説!
中古マンションのリノベーションについて




 
2022年06月09日 11:36

リフォームに欠かせない!極薄フローリングとは?

kers1h-
マンションのリノベーション工事では、劣化がよく見られるフローリングの張り替えが多い印象です。
今回は、そんなリノベーション工事に欠かせない、極薄のフローリングをご紹介します!

目次
  1. Panasonicの建材「ウスイータ」
  2. ウスイータ3つの特徴
 


Panasonicの建材「ウスイータ」

ウスイータ画像1
リフォームの現場で多く採用されている床材にPanasonicから出ている「ウスイータ」があります。
大きな特徴は、なんと言っても1.5mm厚の薄さとコンパクトさです。

フローリングと聞くと、なんとなくしっかりとした分厚い木の板を想像する方が多いと思います。
実際、マンションなどで採用されるフローリングは大きく「単層フローリング」と「複層フローリング」に分類されます。

「単層フローリング」は、原木から切り出した一枚板のフローリングで、自然の風合いが人気の無垢フローリングがこれにあたります。
「複層フローリング」は、何層かフローリングを重ねてつくられたフローリングで、単層フローリングに比べて価格も安く、広く一般的に採用されている床材になります。
フローリングの厚みは、単層で15mm、複層で12mmが主流です。

一方、ウスイータは1.5mmと約10分の1の厚さなので、施工のしやすさは容易に想像できますよね。
おまけに、長さも一般的なフローリングよりも短いため、かなり軽量です。

 

ウスイータ4つの特徴

①上から貼るだけ
既存のフローリングの上から貼り付けていくだけの簡単施工が魅力のひとつです。
端から順番にどんどん貼り付けていくだけなので施工時間も大幅に削減できます。
施工前画像
施工後画像

②ドア下カットが不要
厚みが1.5mmと極薄なので、ドアと床面の隙間を気にすることなく施工できます!
通常、3mm厚のフローリングを貼るとドアに干渉してしまうためカットする必要がありますが、ウスイータは不要です。
ウスイータはドアカット不要

③ワックスフリーで強度◎
フローリングには表面の傷を守るためにワックスを塗布する必要がありますが、ウスイータは衝撃に強い素材でできているためワックスを塗る必要がありません。
綺麗な状態が長く続くというのもうれしい特徴のひとつですね♪
ウスイータはワックスフリー

④床暖房にも対応
実はこれが一番嬉しかったりします。
極薄なのでフローリングに上貼りしても床暖房の機能を損ねる心配がありません!
床暖房のフローリングを貼り直す場合、状況によっては床の厚みが大きく変わる可能性があります。
しかし、ウスイータはこの課題もクリアできます!
ウスイータは床暖房に対応


ウスイータ|Panasonicの詳細はこちらから確認できます。  

 

この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら♪

床の張り替えリフォーム費用相場を紹介!
クッションフロアのメリット・デメリット
ペットのためのリフォームを目的別に解説!
中古マンションのリノベーションについて

2022年06月01日 15:14

リフォームおすすめクロス②<RM646>

rm_646r
リフォームでおすすめのクロスを紹介します。
今回は、ルノンの「RM646」です。
 

RM646

おおらかな幾何学模様に、心がおちつく重厚なウォームカラーが特徴のクロスです。
厚手のクロスなので、綺麗に仕上がります。
RM646の柄アップ
 

機能性壁紙

①軽くて丈夫
一般ビニール壁紙に比べて20~30%軽く、天井施工もしやすいです。
また、表面の傷もつきにくい特徴があります。
広く使いやすいクロスといえますね!

②撥水性
表面に撥水コーティング加工をしていることで、付着した汚れや水滴などが付着しにくく拭き取りやすいです。
そのため、カビの発生を抑制する効果もあります。
撥水コート実験結果画像
機能性壁紙|ルノン株式会社の詳細はこちらから確認できます。

③抗菌性
抗菌加工により壁紙の表面に付着した細菌を抑制します。
(壁紙工業会制定「抗菌壁紙性能規定」に準拠)
 

おすすめのコーディネートはこちら

天井・壁:RM646
床:ミディアム系統色
ウスイータ(オーク柄)
パナソニックのウスイータならコストを抑えてフローリングの上張り施工ができます。
ウスイータ|Panasonicの詳細はこちらから確認できます。



今回ご紹介したクロスは職人さんにも人気の商品です。
メーカーがロングセラー品として長年出している商品は、職人さんからの指示も大きく関わっています。
機能性壁紙でご紹介した「軽量であること」が、施工のしやすさに繋がっているんです!
施工がしやすく仕上がりも綺麗な「RM646」は弊社のおすすめするクロスです。

 

この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら♪

クロスリフォームの費用相場 壁紙張り替えの失敗例と対策8選!
リフォームで失敗しないための計画づくり
エコクロスのメリット・デメリット

2022年05月16日 12:57

【シーン別】カーペットの選び方

NT338_20211104Q01_コピー

マンションなどで多く採用されているカーペットですが、様々な機能を備えた商品があります。
今回は、カーペットの特徴について「シーン別」にご紹介します。

 

目次

  1. 赤ちゃんにやさしい
  2. 子どもがいても安心
  3. ペットも快適
  4. ホテルのような上質さ

 

 

赤ちゃんにやさしい

赤ちゃんがいるご家庭では、汚れや菌に強い加工が施されたものを選びたいですよね。
防汚加工や抗菌加工など、清潔性を保つ商品が人気です。
繊維が口に入ることを防ぐために、遊び毛の少ない合成繊維を選ぶことがポイントです。

赤ちゃんにやさしいおすすめカーペットはこちら↓
赤ちゃんにおすすめのカーペット画像
LIR112|サンゲツの詳細はこちらから確認できます。

 

 

子どもがいても安心

カーペットは音を吸収する効果があります。
マンションの階下に響く音を軽減する効果と転倒などの衝撃を和らげてくれます。
また、反響音が抑えられるため部屋全体が静かになり、勉強に集中できたりリラックス効果も期待できます。

子ども部屋におすすめのカーペットはこちら↓
子ども部屋におすすめのカーペット画像
SYR103|サンゲツの詳細はこちらから確認できます。

 

 

ペットも快適

カーペットは衝撃を吸収する柔らかさがあります。
犬の股関節脱臼を防ぐ効果があるため、ペットを飼われているご家庭にもおすすめです。
毛先が切りっぱなしになっている「カットパイル」にすると爪で掻いてもほつれにくくなります。

ペットにおすすめのカーペットはこちら↓
ペットにおすすめのカーペット画像
AYR102|サンゲツの詳細はこちらから確認できます。

 

 

ホテルのような上質さ

カーペットは様々なデザインがあります。
無地から柄物まで豊富にあるため、室のイメージにあったものを選ぶことが可能です。
特に、ウール素材のカーペットは保湿性や吸音性に優れ、照明の反射を柔らかくしてくれるため、部屋全体を上質に演出してくれます。

高級感溢れるおすすめのカーペットはこちら↓
高級感溢れるおすすめのカーペット画像
WLT101|サンゲツの詳細はこちらから確認できます。

 

 

 

いかがだったでしょうか?

ひとえにカーペットといえども、様々な機能や特徴を持っています。
シーンに合わせて選ぶことで、より快適に暮らすことができます。

この機会にカーペットをご検討してみてはいかがでしょうか?

 

この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら♪

カーペット張り替えリフォーム
床の張り替えリフォーム費用相場を紹介!
ペットのためのリフォームを目的別に解説!
中古マンションのリノベーションについて

2022年05月16日 09:48

カーペットの張り替えリフォーム

b741f89a37de855e34c0d2e1ff8551b3_t_コピー

カーペットはマンションやアパートに多く取り入れられている床材の一つです。
室内のイメージを変えてくれる役割の他にも様々な機能を備えています。
今回は、カーペットの特徴やリフォーム費用についてご紹介します。

 

目次

  1. カーペットのメリット
  2. カーペットのデメリット
  3. カーペットの張り替えリフォームの費用

 

 

カーペットのメリット

カーペットを敷いているリビング画像
カーペットは様々な機能性を持ち合わせています。

 

防音効果

カーペットの多くは防音性や遮音性に優れており、マンションなどの階下への音の遮断に効果的です。
室外だけでなく室内の音も抑えることができるため、子供部屋や寝室に使用するのが一般的です。
防音効果のあるカーペットについてはこちらから確認できます。

 

耐火性

カーペットの種類によっては、耐火性や難燃素材の商品があります。
火災の際に延焼を防ぐ効果が期待できます。
暖房器具の近くに敷きたい場合は素材の確認が必要です。
サンゲツでは防炎マークでわかりやすく表示しています。
サンゲツのマーク表示

 

保湿効果

カーペットの中で毛の長いタイプのものは特に熱を通しにくく、保湿効果もあります。
容易に要象がつくと思いますが、フローリングとカーペットでは足裏で感じる温度にかなり差があります。
生活時間の長いリビングや日があたりにくい部屋などにおすすめです。
保湿効果のあるカーペットについてはこちらから確認できます。

 

衝撃吸収

フローリングとは比べるまでもありませんが、クッションフロアよりも衝撃を吸収しやすい特徴があります。
小さなお子様のいるご家庭には必須かもしれません。

 

部分的にも交換可能

タイルカーペットであれば、汚れた部分のみ交換することが可能です。
全面を交換する必要が無いため施工金額を大幅に抑えることができます。
汚れがつきやすいキッチンやリビングなどにはタイルカーペットがおすすめです。

 

 

カーペットのデメリット

カーペットに手をついている画像
ここまでご紹介したメリット以外にも押さえておきたいデメリットをいくつかご紹介します。

水分の吸収

カーペットは子供部屋に向いている反面、水分を吸収しやすい特徴もあるため、場合によっては衛生面で懸念事項があります。
部屋の湿気が多いとカビが発生してしまう場合もあるため注意が必要です。
こまめな換気を心がけ、それでも心配な方は撥水加工が施されたカーペットを選んでみましょう。
撥水加工のあるカーペットについてはこちらから確認できます。

 

ダニの発生

カーペットは水分を吸収することによりダニが発生する可能性があります。
アレルギーのある方は注意が必要です。
心配な方は防ダニ機能がついているカーペットを選んでみましょう。
防ダニ加工のあるカーペットについてはこちらから確認できます。

 

滑りの悪さ

カーペットはフローリングなどに比べて滑りにくいため、椅子などのキャスターには不向きかもしれません。
椅子専用のチェアマットを併用することで解決できます。

 

掃除の手間

こまめなお掃除は必要ですが、フローリングなどに比べると手間がかかるのがカーペットです。
タイルカーペットは選択できるものもありますが、部屋のサイズにカットした一枚貼りのカーペットは簡単に剥がせないため、専門業者に依頼することをおすすめします。

 

長期使用で劣化が目立ってくる

汚れの付着や色褪せなど、長年使用していると目立ってくるデメリットがあります。
その場合は、衛生面も考慮して交換をおすすめします。

 

 

カーペットの張り替えリフォームの費用

タイルカーペットが敷いてあるオフィス画像
カーペットの張り替えリフォームにかかる料金は、施工する会社やカーペットのグレードによって変わってきます。
おおよそ、㎡あたり5000円前後が相場です。カーペットのグレードが上がると上乗せになります。
その他、施工環境などでも金額が変わってきますので、施工会社へ事前に確認しましょう。

カーペットの張り替えリフォームは、施工実績が仕上がりに大きく影響します。
交換を検討する場合は、施工実績なども検討材料に入れておくと、安心して任せることができます。
また、カーペットからフローリングなどの別の床材に変更することも可能です。
その場合は下地の状況を確認する必要があるため現地見積もりが必須となります。

 

この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら♪

床の張り替えリフォーム費用相場を紹介!
クッションフロアのメリット・デメリット
ペットのためのリフォームを目的別に解説!
中古マンションのリノベーションについて

2022年05月09日 12:25

リフォーム依頼ありがとうございます!

リフォーム依頼ありがとうございます2
荒川区のM様よりご依頼いただきました!
施工内容はカーペットの張り替えです。
カーペット(洋間) LIR-103


LIR103

ベーシックなナイロンループパイルのカーペットです。
LIR103の施工例LIR103の柄アップ
LIR103|サンゲツの詳細はこちらから確認できます。


 

この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら♪

床の張り替えリフォーム費用相場を紹介!
カーペットの張り替えリフォーム
ペットのためのリフォームを目的別に解説!
中古マンションのリノベーションについて

2022年05月09日 12:13

リフォーム依頼ありがとうございます!

リフォーム依頼ありがとうございます2
墨田区のY様よりご依頼いただきました!
施工内容は、クロス張り替えとフロアタイルの上貼り施工です。
クロス SP-2803
フロアタイル LYT-83629
 

SP2803

マットな質感にこだわったベーシックな石目調です。モダンな空間におすすめのクロスです。
SP2803の施工例SP2803の柄アップ
SP2803|サンゲツの詳細はこちらから確認できます。
 

LYT83629

デザイン性と機能性を兼ね揃えた、ナチュラルオーク柄の床タイルです。
LYT83629の施工例LYT83629の柄アップ
LYT83629|リリカラの詳細はこちらから確認できます。


 

この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら♪

クロスリフォームの費用相場 壁紙張り替えの失敗例と対策8選!
リフォームで失敗しないための計画づくり
エコクロスのメリット・デメリット
中古マンションのリノベーションについて

2022年05月09日 11:48